menu

淋病はどんな症状がでるのか?検査方法は?

淋病は細菌に感染し、2~7日ほどの潜伏期間を経て発症する性病の一種です。
性病の中でも感染率が高く、身近な病気であると言えるでしょう。
患者のほとんどは男性となっており、女性の場合は感染してもあまり自覚症状がないということです。

女性がこの病気にかかった場合、おりものが増えることや性器の痒み、腫れ、不正出血、腹痛などといった症状が発生します。
生理トラブルなどと間違えやすいので注意しましょう。
女性の場合は自覚症状が少ないため、気付かないうちに炎症が広がってしまうことも多いです。
合併症として腹膜炎を引き起こすと不妊症の原因になってしまうこともありますし、肝臓の周囲にまで炎症を起こすことがあるので注意しましょう。

男性は主に尿道で淋病に感染します。
男性がこの病気に感染すると尿道の痒みや尿道から膿が出る、勃起時の痛み、発熱などといった症状が発生するということです。
重症化すると痛みがかなり強くなり、全身の症状を伴うこともあります。
場合によっては歩行困難になってしまうこともありますし、不妊症の原因になってしまうこともあるでしょう。

男女共に合併症として尿道炎や結膜炎、関節炎、敗血症などが発生することがあります。
目に感染した場合は失明のリスクもありますし、敗血症は死亡することもあるので注意が必要です。
淋病は重篤な全身症状を引き起こすことがあるため、できるだけ早く検査を受けて正しい方法で治療していきましょう。

淋病の検査は病院で受けることもできますが、病院に行くのは恥ずかしいという人や面倒だという人もいるかもしれません。
そのような人におすすめなのが専用の検査キットを使うという方法です。
このようなものを使えば誰にも知られずに陽性か陰性かを調べることができますし、淋病だけでなく気になる性病を同時に検査できることもポイントです。

検査キットはインターネット上で購入し、自宅で血液や粘膜などを採取します。
そして、採取した検体を郵送するだけで結果を教えてもらえるということです。
手軽で便利な検査キットですが、陽性反応が出た場合は病院での再検査が必要となるので注意しましょう。

淋病の潜伏期間はどれくらい

淋病の潜伏期間は2~7日間ですがあくまでも男性の場合であり、通常は2~4日間程度で明確な自覚症状があらわれます。
ですが、女性の場合の潜伏期間というのは個人差にもよりますが、自覚症状として捉えられない場合は潜伏期間がはっきりとしません。
そのため、1週間から3週間程度、長い場合は1ヵ月を要する時もあるため注意が必要です。

潜伏期間や症状によって淋病に感染したかどうかを自分で判断するのはあまり良い方法ではなく、やはり医療機関での検査を行うのがベストと言えます。
男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科で検査を受けることができますが、医療機関での検査に抵抗がある場合は、淋病専用の検査キットを使うことで陽性かどうかの判断ができます。
陰性の場合は安心ですが、陽性の結果が出た場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。

潜伏期間というのはあくまでも目安であって、個人差によって長引いたりもします。
感染に不満がある方は性行為を行った後の2日、3日後に検査を受けることができ、症状がなくても感染したかどうかがすぐにわかります。
検査して陽性反応が出た場合は抗セフトリアキソンやスペクチノマイシンなどの生物質による治療が行われ、一回の注射を打つだけの治療が一般的です。
ただ、重症度になると男性や女性に限らず2日間から7日間まで毎日1回投与することになります。

現在の淋病では、抗生物質に抵抗性を持った薬剤耐性淋病が上昇傾向にあり、抗生物質の注射を打ったとしても潜伏状態にあることが多いです。
そのため、淋病の平均潜伏期間である1週間以上の休薬をしてから完治したかどうかを再度検査し、陽性・陰性の判断をもって治療の開始もしくは終了となります。

関連記事
ページ上部へ戻る