menu

市販で買える性病の治療薬ってどんなもの?

なんらかの不調を感じて性病かもしれないと疑った時、すぐに病院に行くのが一番ですが、恥ずかしいという思いや病院へ行く時間がないことから、市販で買える治療薬がないのかと考える方も少なくありません。

では、実際に市販で買える性病の治療薬はあるのでしょうか。
結論からいえば、病気の種類によっては効果的とされる薬は市販されています。
ただし、基本的に市販されている治療薬は、飲み薬ではなく塗り薬となっていますので皮膚症状に対しての効果しか期待することができません。

ですので、喉粘膜の炎症や性器の痛み、性器からの膿、腹痛などの症状が気になっている場合は、市販で買える薬では対応することができないといえます。
ですので、皮膚症状以外の症状を治療したいのであれば市販の治療薬では難しいといえるでしょう。

また市販の治療薬で治療することが難しい理由は、性病の治療の多くで抗生物質が用いられていることが挙げられます。
現在のところ、抗生物質は医師の処方なしでは購入できない薬となっていますので市販されていません。
薬局やドラッグストアで薬剤師に尋ねても、抗生物質を購入することは不可能でしょう。
つまり、抗生物質での治療が主となる性病であった場合は、婦人科か泌尿器科で診察を受けて適切な治療薬を処方してもらう必要があるのです。

ただどうしても病院は行きたくないという場合は、市販ではありませんがネット通販を利用して抗生物質を個人輸入するという方法もあります。
この方法であれば、海外から治療薬を取り寄せられますので病院へ行かなくとも薬を購入することができるのです。

しかし、個人輸入の場合、注意しておかなければいけないのが全て自己責任になるということです。
例えば、薬が偽物である可能性もありますし、服用することによって副作用などが強く出てしまうリスクもあります。
また性病の種類によっては、まったく効果のない薬という可能性も考えられます。
個人輸入は、このようなことも踏まえた上で利用することになりますので、あまりおすすめとはいえないのです。

再発の場合しか買えない薬はあるのか?

性病の中には常在菌が原因で炎症や痒みを引き起こすものもあります。
そうした病気は病院で治療を受けて症状が治まったとしても、疲れた時やストレスが多い時などに再発してしまうことも珍しくありません。
このような時、また病院へ行って治療薬を処方してもらわなければいけないのかと思うと、時間も手間もかかってうんざりしてしまうことでしょう。

しかし、一度、病院で治療を受けた後に再発した場合は、薬剤師がいる薬局やドラッグストアで問診を受けて、初発ではなく再発だと確認できれば再発用の治療薬を対面販売してもらうことができますので、病院へ行く手間や時間を省略することが可能です。

また薬剤師との対面販売が義務付けられているとはいえ、医師のように診察をするわけではありませんので、初発でも嘘をついて購入できる可能性もあります。
しかし、再発だと嘘をついて治療薬を購入できたとしても、実際にその薬で効く性病であるかどうかは分からないはずです。
なぜなら、実際に医師の診断を受けたわけではないからです。

ですので、もしも、自分が思っているような病気ではなく、全く違った性病が原因で症状が出ている場合、こうした再発用の治療薬を使っても効果が得られないどころか、逆に悪化してしまうことも考えられます。
そうしたリスクをなくすためにも、初発なのに病院へ行くのが面倒だからと再発だと嘘をついて市販されている再発専用の治療薬を購入するのは絶対にしてはいけないのです。

性病は早期治療が重要な病気ですので、悪化してしまうとそれだけ治療に時間がかかってしまいますし、場合によっては後遺症などが残ってしまうこともあるのです。
病院へ行くのは面倒かもしれませんが、初発の場合はまず病院できちんと診断を受けることが大切です。

関連記事
ページ上部へ戻る