menu

カンジダは性器だけとは限らない

「膣カンジダ」という名称がついているように、カンジダは女性に発症することが多く、5人に1人は発症すると言われる身近な性感染症です。
ただし、感染ルートは性行為だけではなく、性器以外にも感染することがあるため、厳密には性感染症とは言えないのです。

カンジダの原因となるのはカンジダ菌という菌です。
この菌は身体の中に常にいる常在菌です。
これが免疫力が低下したときなどに異常繁殖して、病気を引き起こしているのです。
特に性器周辺に多く住んでいるため、性器のかゆみや悪臭・おりものの増加や異臭・性交や排尿のときの痛みなど、性器周辺の症状が現れることがほとんどですが、場合によっては「口腔カンジダ」として口の中に発症することもあります。

舌に白い舌苔ができたり、舌が赤くなってひりひり痛みを感じたり、唇の端にひび割れができたりするのが主な口腔カンジダの症状です。
最近はセックスの内容も多様化してオーラルセックスで性感染症が口の中にも感染することも多いのですが、元々口腔内にもある菌ですから、性器と同じく免疫力の低下が感染の原因となります。
ステロイド剤や抗生物質を長期間服用していたり、がん治療をしている方・口内炎を発症している方・歯磨きをきちんとしていなくて口腔内が不衛生になっている方など、薬が影響したり、口の中の環境が関係する場合もあります。
異常を感じたらとりあえず歯科を受診してみてください。

女性の場合は5人に1人という高確率なものの、男性が感染する割合は少ないです。
カンジダは空気に触れているとあまり繁殖しないという特徴を持つため、性器が露出している男性は症状が出にくいのです。
とはいえ、特に包茎の方などは発症することもあります。
菌が増殖することで亀頭にかゆみや炎症の起こる亀頭包皮炎という病気になりやすいのです。
患部を清潔に保つようにしましょう。
女性が発症している場合、パートナーも感染している可能性は高いです。
たとえ男性側は症状を感じていなくても、二人で一緒に治療を受けることをおすすめします。

男性より女性の方がカンジダになりやすい

カンジダとは、原因菌であるカンジダ菌によって引き起こされる疾患です。
発症する場所が性器に多いことから、性感染症のイメージが広がっていますが、性行為とは関係なく発症する可能性があります。

カンジダ菌は、人間の体の中に常に存在している常在菌の種です。
性行為を行ったことのない人にも菌が存在し、健康な状態では発症しません。
しかし、疲労やストレス、他の疾患の影響で免疫力が低下すると、菌が異常増殖して炎症やかゆみなどの症状を引き起こします。
性器周辺に多く症状が現れるのは、カンジダ菌が性器周辺に集中しているからです。
そのため、オーラルセックスなどで菌が口の中に感染していると、性器以外の場所で発症することもあります。

性器の形状の違いから、カンジダは圧倒的に女性に多い疾患です。
男性は性器が露出しているため、洗うのが簡単で乾燥させやすく、菌が繁殖しにくい環境にあります。
発症することは稀ですが、包茎の男性の場合はカンジダの発症確率が高くなる傾向にあるので注意しましょう。

女性の性器は体内に存在するため、圧倒的に菌が繁殖しやすい環境にあります。
また、女性の方が症状が重症化しやすい特徴があるので、早めに治療を行わないと排尿障害などが起こる危険性が生じます。

カンジダは常在菌のため、体から完全に消滅させることができません。
そのため、一度治療を行っても、免疫力が低下すれば再び発症する可能性があります。
慢性化しないためにも、発症した原因を理解し改善することが大切です。

カンジダは適切な治療を行いながら、患部を清潔に保つことが重要です。
蒸れによって温度と湿度がある環境は、菌の繁殖を促す要因となりますので、通気性の良い衣服を着用するようにしましょう。

関連記事
ページ上部へ戻る